たっくさん、甘えちゃっていいのだ。

さて
「頑張らなくても愛されてお金持ちになる魔法のワークショップ Special version
一生困らない愛情とお金の引き寄せ方」
初日、行ってまいりました。

まりあちゃん講師でガツンと気づいたことあって、わたしはみんなの前でポロポロ泣いたよ。

IMG_5425

わたしね
「ダーリンのずば抜けた才能も、弱いところも」
一番見せてもらっているから、なかなか新しい仕事に動き出さない彼が歯がゆかったの。

でもでも、それって「彼を信用していないこと」だって気づかされて涙が出た。

それはダーリンの能力を信じていないからじゃない。
ただわたしの不安が映っていただけ。

うちの父親は2歳の時に出て行ったんだ。

だからね
「いつか失っても大丈夫なように、しっかりしなきゃ」

べったり依存体質だった母親のような
「お荷物にならないように、自立しなきゃ」

そんな風に考えるクセがある。

なによりも甘えたいくせに、なによりも大事してもらいたいくせに
不安になると「甘えない方向へ」と走り出すわたし。

恋愛ではさんざん痛い思いをしてきたわたしが
「いまビックリするくらいに想われて愛されていること」
になかなか慣れてないんだよね。

彼の男らしさも優しさも♪
たーっぷりもらっている今。
怖いくらいに幸せな今。

実は手放しで、のほほんと「ハッピー♪」と言っていいのだ。
何も考えず、たっくさん、甘えちゃっていいのだ。

そう気が付いてしまい・・・

わたしはいったい何をしていたんだろう?と。

ああ、また泣ける。
ここはDEAN&DELUKAなのに。

(明日一緒に食べられるように、みんなにお土産を買ったよ↓)
IMG_5426

 

さらにね、気が付いたの
父と母の現在の人物像、間違ってる。
両親が若かった頃は確かにいろいろあったけれど、それは一時的なこと。

実は父はわたしと妹に甘い、甘すぎる。
未だにお年玉をくれようとするし、誕生日にはなんでも買ってくれようとするし、値段などまったく気にせず美味しいものを食べさせようとする。

さらに自分たちが長年育てた会社までも渡したいらしい。

幼少期は捨てられた感いっぱいだったけれど、違うんだよ。
一緒には住んでいなかったものの、生活費も含め、いつだって見守ってくれていた。

 

母もね、めっちゃ自立してる。
独り暮らしで長年、働いて、子供達に迷惑かけないようにって、保険にまで入っているらしい。

呼び寄せることもなければ、何か手伝ってと言うこともない。
わたしたちの生き方にとやかく言うこともない。

ああああ・・・
わたしは幸せをつかみに行かなくていいのです。
両親にもっと甘えていいのです。

 

他にもいろんなことに気が付いてしまい、まりあ講師すごい。

初日からこうで明日はどうなっちゃうのだろう。。。


2016-03-19 | Posted in BLOG, 行ってきたNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



facebookでグループやっています↓ adult-1822488_640 姫様マーケティング倶楽部 https://www.facebook.com/groups/himeM/ るぴなさんの会に申し込むと、1回目が直後にBIGが当たって参加費&交通費back、昨日2回目を申し込んだら、今日突然上司がお手当をくれて、また参加費back!すごいるぴなさんミラクルですよ~参加する方向で世界が動いてます。 あらぁーこんなに頂いちゃっていいのかしら~(*´ω`) ↑こんな楽しいお声が続々と。 マーケティングとかニガテだけれど 好きなことをして暮らしたい♪ 恋も仕事もお金も・・というよくばりな女性へ。