日本を褒める。自分の未来に光を灯す。

震災から7年の今日、お散歩していてね。
軒先のモクレンの花や、ベランダの洗濯物をながめながら思ったの。

もっとこの国の良いところを褒めようって。

 

blossom-1187330_640

 

うちのマンションも含め、東京はウサギ小屋のような小さな住まいに、ちまちまと人が暮らしていて、住宅事情がいいとはとても言えないけれど。

なんかちっさいところに、人がいっしょうけんめい暮らしている様子が今日は愛おしかった。

 

「みんな幸せでありますように」って、気づいたら祈ってた。

 
足りないことをあげたらキリがないんだよね。
それは世界のどの国でも同じ。
カンペキはない。

 

 

だからって政治家に文句言い、社会にマスコミにと不満をぶつけ。
そんなことをしても震災の復興にはならない。

 

間違っていることは主張する。
でも同じくらい日本をほめよう。

わたしはそうしようと、今日思ったの。

 
flower-3071475_640

 

観光客の行き交う道の端で眠るホームレスの親子もいないし・・・

歩いているだけで大量に押しかけてくるモノ売りもいない・・・

シャワーから茶色の水が出てきたりしないし・・・

ドラッグ中毒者しかないような廃墟地帯もない・・・

空港にマシンガンをもってパトロールする軍隊もいないし・・・

パトカーに止められてグローボックスを探っても、銃で打たれる心配もない・・

 

日本の国の当たり前が、世界ではそうでないことがたくさんあるよね。

 

今日、この日。
あらためて。
自分の家の庭の木や花を愛でるのと同じように
自分の国も敬いたいと思いました。

 

 

flower-2686480_640

 

だってほら、自分の未来に希望が欲しいじゃない?

自分を取りまいているいちばん外側の部分、これが信頼できなかったら、自分のことだって信じ切れないじゃない?

 

だからね、光を灯したい。

わたしの心に、この国に。

 

 

「人生の恵みに感謝する」

いいことを教えましょう。あなたが人生で尊重するものは、価値があがります。
あなたが考え、注目するものは、成長します。

あなたが感謝するものは、価値があがって、さらにありがたく感じられるようになります。

「1つ目標を持てば人生は一変する ロビン・シャーマ著  北澤 和彦訳 海竜社刊」


2018-03-11 | Posted in BLOG, Live 生きるって?1 Comment » 

関連記事

コメント1件

 Miguel | 2018.03.13 6:06

Nice article and I agree this is a very beautiful church. A friend lives nearby and we went to mass there recently.

Comment





Comment