BLOG

自分が消え去ってもこの世界はひとつの問題もなく回っていく、という朗報。

ガオーって泣いて腹ぺこケロリがお薬♪

↑の続きです。

8カ月が経過し、また新たに落ちついて泣ける(?)日々になったようで、泣きながら思いました。

air-bubbles-230014_640

 

「テオちゃんにこの想いは届くのかなあ?届いたらいいなあ」と。
そこまで考えてふと
「届かなくていいのだ」と、感じました。

 

もちろん、会いたいですよ、死ぬほど。
PCもモバイルもいまだテオちゃんが壁紙ですよ。

 

でもテオちゃんという形が無くなっていてもいいのだ、と。

テオちゃんという個の意識は消えるのは当然で、自由に形を変えてゆく大いなる生命の活動のひとつなのだと。

なんか伝わるかなあ。

 

 

楽になる人がいるかもしれないと思うので
「そう感じとれた3つの理由」を書いときます。

 

 

 

その1 いま感じていることが贈り物

「テオちゃんにこの気持ちが届かない。さびしい、悲しい、悔しい、不安、罪悪感」

いろんなことを感じています。
そしてこれが偽りのない全てです。

 

この全てがいまわたしに与えられているものなのだと。
神の愛なのだなと感じたのです。

 

悲惨だとか、辛いとかのレッテルを貼る前の
「生の経験」としてとても貴重なものです。

ありがたく味わいたいと思いました。

 

 

その2 わたしの心配だった

内観して観察してみたら
「死んで無になっちゃうの?」という不安は、自分のことでした。

自分が死ぬ時にどうなっちゃうんだろう?ということを想像していたようです。
だからテオちゃん関係ない。

 

自分の死に少しでも向き合える。
これもまた大事なことです。

いつか訪れる「わたしの死」を恐れるより当たり前のこととして
受け止めたいです。

 

 

その3 まったくわからないという朗報

命、生死、という壮大な仕組みは
わたしの手におえることではない。

だからわたしが背負わなくていい。
わたしはただこの世界に生かしてもらっている小さな存在としてゆだねていよう。

 

dolphin-203875_640

 

自分が消え去っても・・・
この世界はひとつの問題もなく回っていくでしょう。

陽は昇るし
通勤電車は混むし
ランチにはみんなご飯食べるし
人々は夜には眠る

いつもと同じ日常。

 

これって悲しいことなのでしょうか?

それとも

とてつもない朗報なのでしょうか?

 

 

日々意識のほとんどを奪っている、問題だらけの人生に対する恐れと欲望のすべてが過ぎ去ったとき、いったい何が残るでしょうか―?一本の線です。墓石に刻まれる誕生日と没日のあいだの、1インチか、2インチほどの長さの、一本の線です。

 エゴの「わたしに」とっては、これは気の滅入る考えです。あなたにとっては、胸のすくような、解放感のある考えです。

Stillness Speaks 世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
エックハルト・トール著 あさりみちこ訳 徳間書店

エックハルトさんの、この本がいちばん好きです。
本ではない本と呼ばれています。
 

 

 

ガオーって泣いて腹ぺこケロリがお薬♪

IMG_2979

 

ひさびさに
「うおんうおん号泣できたな」
と思ったらテオちゃんの旅立ちからちょうど8か月でした。

 

「感情を解放する素晴らしさ」
ブレスワークでさんざんわかっていたはずなのに・・・。
どっかで泣くのを抑えてたね。

 

それが辛かったみたいで、数日前に熱を出した。

 

がおーって泣けたらお腹もすく。
ケロッとしてすっきりする。

 

 

でもね
「泣いてしまったらもう二度と立ち直れない」
そう考えてガマンしている人多いよね。

 

うちのダーリン♪典型。

涙もろいくせに、ふだんはがんばっている♪

 

テオちゃんの旅立ち以来
わたしが隣でわーわー感情を出すので
「内心おろおろ、ドキドキ」していると思う。

 

見せないけど(笑)

 

IMG_2980
キャラオケダーリン↑ 熱唱は平気らしい。

 

「ハートの偽らざる想い」を引き出してあげようと
「伝えたり、教えたり」を仕事柄する人も多いと思います。
でもね、本音出しちゃってる人のそばにいるのがいちばん効果的なのよね。
ついつい剥かれちゃうのよね、うふふ。

 

だから相手に働きかけるより自分を剥いてくほうが得策♪

その場でやってもいいんだよ。
「この人心開いてくれないな、イライラするな、悲しい」
等々、いま自分が感じていることへ降りる。
(言わなくてよし)

 

相手のエリアから出て自分の中心に戻ると、あら不思議。
雰囲気良くなったりするのよね。

 

 

で、わたしは泣くことは上手にできるけれど。。。
怒りはガマン系です。

そこをメリメリはがされるのだ。
ダーリンといると自然に。

ほんと、やだ(笑)

 

 

愚痴を独り言で言うゴジラ

いやいやもう。。。朝から笑ったわ。
関西弁の破壊力。
ともかく見てください。

(山本さんっていう方のFacebook動画なのでログインしてね)

 

ちっちゃい女二人に騙されたって・・・(笑)

知らないお若い方のためには
こちらも貼っときます↓

小美人ってそんな呼び方だったの?

2018-02-15 | Posted in BLOG, Laugh そうだ笑おうNo Comments » 

 

「超人をめざしているのか」と。自分責めをやめる件。

また今日から2時間の執筆活動、復活です。
「3日坊主どころか1日でザセツ」なわたしが歩む夢への方法。」)

 

 

熱っぽかったので金土の2日間は、寝たり起きたりで書けなかったのね。


「あーあ・・・2時間書くって言いつつ、数日でこのざま?」
という思考が自動的に浮かんできます。

 

  「自分を大切に」と言いつつ体調が悪くなると、それを責めるわたしがまだいることに気づきます。  

 

自分責めには百害あって一利なし。  

 

ほぼほぼ責めなくなったのに 体調のことは厳しいね、わたし。 

 

健康に気を使わないせいだ。

だらしないからだ。  

 

というおかしな方向に思考が走り出すのは
「だらしないコンプレックス」を持ってるせいね♪  

 

そもそも、わたし健康なのにね。

 

めったに風邪も引かない。
寝込まない。
インフルエンザにはかからない。
ご飯もお酒もいつも美味しい(笑)

 

  だのにちょっとの体調不良も許さないなんて 「おまえは超人をめざしているのか」と。 自分で突っ込みたい。  

 

強くて美しい女性は好きですけどねえ。。

 

「わたしはいつも万全であるべきだ」
という恐れ多い思考がウツへと導いた
と今ではわかっております。

 

 

テキトーにサボること
すぐ休むこと
だらしないこと
ちゃっかりすること

 

これらのレッスン中です♪

・・・いや、もうこれ日常かもね。
だから体調がいいんだろうね。


さらなる高み?を目指すわ。

 

 

 

IMG_2952

我が家に降臨する添い寝神↑
枕取りはテオちゃんの専門だったのになあ・・・・

 

2018-02-11 | Posted in BLOG, 自分ラブNo Comments » 

 

#あたしおかあさんだから#わがはい ねこだから#あたし猫飼いはじめたから

 

 

 

 

 

 

 

「あたし おかあさんだから」
がちょっとした騒ぎになっているので
ここでおひとつ
ホッコリしてもらおうかと♪

 

#あたしもねこママだから
#あたし猫飼って14年だから

IMG_2946 IMG_2943 IMG_2945IMG_2944

2018-02-08 | Posted in BLOG, Laugh そうだ笑おうNo Comments » 

 

「3日坊主どころか1日でザセツ」なわたしが歩む夢への方法。

おとといから8時までには晩ごはん食べ終わろ♪
って決めたんですけどね。

 

理由は執筆大スランプのために祈ったら
「1日30分×4回で2時間ともかくPCの前に座って書く」
と閃きまして。
おかげさまですらすら書けるように。

でも時間が足りないので、そのために早寝早起きしようという背景でございます。

 

スランプと祈りの記事はこちら↓
Fly Me To The Moon – 私を月に連れて行って
2日目の昨日、時間内にご飯は食べ終わったものの
夜遅く来たダーリンといっしょにビールとおやつ食べちゃった。

早くも1日にしてザセツ。
意志よっわー!

 

でもねえ、めげませんよ。
折れやすい人、ここから必読の夢への歩き方ですよ。

 

feet-3095532_640

 

 

これやりたい!って思って決めても
わたくし3日坊主どころか、こうして1日でザセツ
なんてことがよくあるわけですよ。

 

でもね、当たり前として織りこみ済みです。

 

普通に立ち止まらず歩けるなんて思ってはいけないのです。
これはリハビリです。

数歩行ってはゼーハー立ち止まり、腰に手を当てて空を仰ぎ見る。
みたいな状態なわけです。
折れやすい人の場合の目標達成は何ごとも。

 

みんなここでイヤになるでしょ。
わたしみたいな人って、めげやすいくせにパーフェクトが好きなのね。
美的に許せないなどと考えるのね。
(だからめげやすいのだが)

 

 

んでもねえ、ここでやめずにまたノロノロと歩き出すか・・・
ザセツして「や~めたっ」するか・・・
が別れ道なのよ。

 

「や~めたっ」はしばらくはストレスがないけれど
数年後にはヘビー級の重石となってのしかかるってくるのよ。

夢への道を自分でふさいでいくからね。
そのうち歩く道がなくなるのよ。

 

 

だからリハビリね。

はるか向こうを街ラン中のクールなアスリートなんて見ないでよろし。
比べないでよろし。

 

 

懸命にリハビリしている患者さんに
「なんで失敗するんだ」と怒鳴りつけたり
「ムダな努力よねえ」と失笑したりする?

しないよねえ。

「がんばろう、大丈夫」って言うよね。

 

だから自分にも、ね♪

 

girl-983969_640

 

 

ウツ歴20年のわたしなどは、一生リハビリで終わりそうですけれど。
でも「それでもいい」って腹くくったので気持は軽いんです。

 

「いいなあ、どこかに出かけられたらなあ」
と窓からの景色を日がな一日眺め

外の世界の想像ばかりして
「あーあ」とため息をつくより毎日よりも

(実際そういうウツ時期がありました。キッチンの床に座りこみ日が暮れるのを呆然とみていました)

 

遠くまで行けなくても
外に出て歩いてみる。

こっちのがどれだけいいことでしょう。

 

半歩が一歩になり
一歩が数歩になり
いつしか「あら?けっこう遠くまで歩いているわ」となりますから。

 

 

だから
「ザセツは織りこみ済み」
「気分はリハビリ」

でいきましょう。
好きなことしましょう。

 

IMG_2825

 

PS
20時ご飯、当然続けますよ。
ともかく21日間(のべね。連続じゃなくていい)はやってみるってことにしていますからね、効果のほどはその後にチェック。

ゆうべのはおやつってことにしてOKにしました(激甘)

途中で飲み会もあるでしょうしね♪

 

大胆に。 奔放に。愛は自由に流れ出る。

 

大胆に。
奔放に。

 

なんて素敵な言葉でしょう。

 

これきっと愛の性質。
溢れ出るのが愛の技。

 

 

 

ダーリンがいるから
こんなこと言ってるんじゃいのよ。

愛をつかまえようとして
最ももがき苦しんだのは

彼と出会った後だったもの。

 

 

 

バレンタインは愛の日。
チョコだけじゃない。

愛を感じられることならばなんでも。
愛を分かち合えることならばどんなことでも。

 

 

バレンタインと言えばこの曲!
‘My Funny Valentine’

泣き虫アリスちゃんのスイートボイスでお届けするわね。

 

 

Britain’s Got Talentという英国初のオーディション番組を知っていますか?
ポール・ポッツやスーザンボイルなどのスターをドラマチックに生み出した番組。
メイン審査員で名プロデューサーのサイモンの歯に衣着せない鬼ジャッジっぷりが有名です。(ちなみに観客も超厳しい)

 

挙動不審なくらいにオドオドと出てくるアリスさん当時28歳はセラピストだそうで、落ちてもいいように家族にも知らせず普段着で参加。

 

そしてサイモンに「キミの歌声を待っていたよ」と褒められてポロポロと涙してしまいます。
他の審査員にも「なぜ泣くの?歌うあなたは女神のようだよ」と言われてさらに泣く!

 

こんなにも艶のある歌声で美人さんなのにね。

でも歌からは溢れちゃってますね、彼女の愛が。

 

desktop-background-3061483_640

 

愛は自由に流れ出る。

 

2018-02-06 | Posted in BLOG, ポエム&メッセージNo Comments » 

 

祝。結婚一周年。 ごあいさつに代えて「火星?」小話です。

wedding-2439729_640

 

2月4日の立春の日に
めでたく結婚1週年を迎えました。

 

うちのダーリンがたった一言
「良くもったよねえ」と。

 

はははは・・・
同意!

 

これは間違いなく
仲間のおかげです。

付き合い始めから入籍に至るまで
そしてこの1年ももちろん

ずっと支えてもらっているから
二人の関係が壊れずに済んだ。

 

あっちにも、こっちにも
ありがたき仲間がいて
全方角に足を向けて寝られません♪

 

ありがとうございます。

 

 

 

二人の世界に閉じこもらず
オープンな関係でいられる理由がふたつありまして。

 

ひとつは
わたしの育った家庭環境。

 

隠ぺい家族だったの!

んもー今だから笑えるけれど
大人になるまでは囚われの身の気分だった。

 

だから何ごとも家族だけで解決なんてムリ。
周りの力を借りようって決めてる。

 

 

ふたつ目は
ダーリンの欲のなさね。

 

今回も「1周年は何しよう?」
わたしはひとり盛り上がり

いつもとは違う過ごし方を提案したのだけれど・・・
(その話はまた今度!)

 

ダーリンは
「ただ一緒にいるだけで満足だから」
っていつも通り言うのね。

 

それに引き替えわたしは常々
「あれしたい、これはイヤ」と
希望から不満まであれこれ並べる。

 

んでもこれでいいのよね。
違うからいい。

 

ダーリンはわたしに引っ張られあちこち行く。
一人だったら絶対に体験しないようなことができる。

 

たとえばプリクラ・・・

いちどダーリンに聞いたことあるの。

「プリクラはもちろん、こんな風に一緒に自撮りするとか人生にありえないと思ってたでしょ?
硬派で通ってるんだから仕事の仲間に話したら、え?って言われるでしょ?」

って。

 

そうしたらなんと

「うん、火星に行く方がまだ現実的」

と(笑)(笑)(笑)

 

こうしてダーリンは火星の前に

神宮前スイーツ巡りをさせられたり
夜景バックラブラブ写真に写らされたりするのであります。

 

 

あらあら、本題からものすごく脱線したわ。

 

オープンな関係でいられる二つ目の理由ね。

 

こんなダーリンだからこその美点。
それはわたしの友だちと仲良くなってしまうこと。

 

特に友だちの彼などに好かれる。
もはやダーリンの人脈になった人多数。

 

欲のないダーリンは
「自分が自分が」っていかないから

人気者になっちゃうのね。

 

そういうところもわたしと真逆、ははは。

 

ま、いいのいいの。
結果としてお付き合い5年入籍1年と二人の関係は続いております。
(今のところ・・・w)

 

美しき理想のパートナーシップなぞには
生涯かけてなれないことを誓いますが。

 

デコとボコ。
末永くよろしくお願いいたします♪

IMG_2915

PS
ダーリンは内弁慶でわたしにだけはワガママだし偉そうだよって書いとく(笑)

 

Fly Me To The Moon – 私を月に連れて行って

evening-959028_640

 

メモ兼の日記帳にはことばが連なり
書きたいことは山のようにあり
だのに手が止まる日々。

苦しい。
まるで息を吸い込んで吸い込んで
吐かないみたいだ。

 

 

ここまで書いて、たったいま思い出した。
もっと苦しんでいたかつての記憶を。

 

祈って祈って祈って・・・ふやけた(笑)

 

そこは温泉だったの!

10年以上前のこと。
山梨の石和温泉に行った時のこと。

人のいない広い露天風呂。
月がお湯にゆうらゆら揺れていた。

 

その頃はいつが満月なんて知らなかったのだれど
時はまさに、それ。

ゆらめく金色の光。
追われるように、そこへ両手を突っ込んでいた。

 

「どうかどうかどうか、神様、わたしに書かせてください。綴らせてください。何を書いたらいいかもわからないけれど、書きたい、書かなきゃってそれだけは思うんです。どうぞ、お願いします、お願いします」

 

10本の指をお湯の中の月光で洗うように
なんどもお湯をすくい上げては、キラキラした指を凝視する。

なぜか必死だった。
そこまで書きたいなんて自分でも知らなかった、この瞬間までは。

 

気づいたら1時間以上たっていたらしく
旅館の部屋に戻ったら「のんびりしたね」と笑われた。

 

 

そして祈りからしばらく後
突然詩を書き始めた。

正確に言うと再開だ。
何十年かぶりの。

子供の頃は書いていたから。
詩も童話も、つたないなりに。

そこからはピタッと。

 

仕事で必要な時に書いたくらい。

「伝えたいことを3割増しで書いてくれる人」
として、お偉いさん方から重宝されていたっけ。

 

 

あの夜の、いろいろの不思議。

どうして祈ったのか?
ちゃんと満月に。

さらに藁ぶき屋根のせいで
露天風呂に月が差しこんだのはあの時間帯だけ。
しかも誰もいない。

 

突き上げるような祈りは
「もうすでに叶えられるとわかっていたから・・・」
かもしれないね。

 

astronomy-3120482_640

 

そうそう、ここまで書いてまた思い出した。

先日の皆既月食「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」
とかいう舌をかみそうな満月の日にも祈っていたな。

 

ベランダから見た赤い月は血のようで。
わたしの心をよけいに泡立たせたけれど。

「もうどうにでもせい!」という
愚痴のように絞り出す祈り。

 

ブログも止まりがち。

さらには夢だった出版
「月あかり」の最後が進まない。
美しい表紙をすでに上げてもらっているというのに。

さてどうする?
もう残された道は祈るっきゃないねって気分だった。

 

あの時とおんなじ。
きっと叶えられると信じよう。

 

 

うん、だんだんやる気になってきた。

「月が雄弁だったら、どんなセリフを言うのだろう?」
って想像して、それを書いてみたくなった。

んでもまずは「月あかり」、仕上げないとね。

 

読んでくださっている方に贈ります。
「Fly Me To The Moon – 私を月に連れて行って」

 

 

人はしばしばシンプルなことを伝えるのに様々な言葉を使う
詩を歌にするために
時間をかけてよく考えて 韻をふんだりして
音楽と言葉でちょっと遊んでみた
そして君のためにこの歌を作った
僕の言っていることが確実に君に分かってもらえるように
だんだんと説明してゆこう

僕を月まで連れて行って
星たちと遊ばせて
木星や火星では
どんな春を迎えるのか見せて欲しい
つまり 手をつないで欲しいんだ
だから ベイビー キスして欲しいんだよ

僕の心を歌でいっぱいにして
ずっと歌わせてくれ
君は僕が望む全て
僕があこがれ愛する人
つまり うそは言わないでくれ
だから 愛しているんだ

僕の心を歌でいっぱいにして
ずっと歌わせてくれ
君は僕が望む全て
僕があこがれ愛する人
つまり うそは言わないでくれ
だから それだから
あ・い・し・て・いるんだ

「Fly Me To The Moon – 私を月に連れて行って」
http://udzu.blog123.fc2.com/blog-entry-150.html
こちらより歌詞をお借りしました。

2018-02-02 | Posted in BLOG, 自分ラブNo Comments » 

 

「意識と現実のギャップが埋まらない。こんなはずじゃないのに!」という方へのとても良い動画を見つけたよ!

直近でとっても面白かった動画を紹介。

 

意識と現実のギャップがなかなか埋まらない。
こんなはずじゃない。

 

そんな風に思っている人
わたしもだけれど
多いんじゃないかな?

 

ぜーひー!
特にその2は必見です。

 

人生の課題にはロックがかかっているので
それをどうやったら解除できるのか?
について教えてくれます。

 

その1
空間を整えると劇的にシンクロニシティが起きる!?
【堀内恭隆 × 山田ヒロミ シンクロニシティ対談1/3】

 

「考えていることと感じていることと
空間が不一致していると非常に生きにくい
シンクロニシティが起きる元々のエネルギーに合せましょう
というのがルームセラピー」

 

だそうです。
9割の人が合っていないとか。

 

「イメージしたことはそっちがほんとで
すでにそこにあるってわかっているんだけれど
現実は現実のまま取り残されていて
内側の世界ではわかっているのに現実の世界は変わらない」

 

うむ。あるある、だよね。

 

 

 

その2
ハートのボックスには人生の設計図が眠っている!?
【堀内恭隆 × 山田ヒロミ シンクロニシティ対談2/3】

 

「自分の家を片づけたいと思っている人が6人中5人」

はい、ダンシャリしたいです。。

 

「なんで片づけたいと思うかと言うと
ほんとはわたしたち、目に見えない世界から生まれてきているから、
生まれつき知っているのよ、片づけたらどうなるか」

 

なるほど、そうかあ。。。
すごく響いたので、さっそく山田ヒロミさんの本を買いました。

 

自分のエナジーとインテリアや洋服が違ってきていると
最近感じているので。

 

そして生まれる前に自分でロックをかけてきていて
解決が難しい人生の課題。
そのロックがどうやったらはずれるのか?

について惜しげもなく説明してくれますよ。
ここ必見です。