わたしはわたしという王国のお姫様

わたしをプロデューサーという肩書から(引きずり)降ろし
姫の座に戻したのはこの二人だーーーーーっ!!

二条まりあちゃん
コバ先生
IMG_5425
前月にこんな面白いセミナーに出たんですね↓
「頑張らなくても愛されてお金持ちになる魔法のワークショップ」

初日の感想は書いたのですが↓
http://lulu-lupina.com/2016/03/862/

二日目も凄すぎて書きそびれておった♪

 

その後、教わった内容を数週間実践した結果をひと言で総くくりすると・・・

「わたしはわたしという王国のお姫様」

(だから他国(他人様)には可能な限り何もしない!!!)

medium_20101229104557949178

プロデューサーという肩書を降ろそうと決めたのは、プロデュースだとまだ何かやらねばならないことがありそうだから。

ねえ、そもそもわたしの悩みって
「怠けすぎ?」
「もっとちゃんとやったほうが?」
だったのね。

裏を返せば週休5日的スタイルで、のんびり豊かに回っていたってことなんです。

ワーカホリックな時代もかつてはありましたが、その時のあだ名だって「女王様」だったんです。

だけどそれがコンプレックスでもあり
「気を配れるいい人」「可愛らしい可憐な女性」でないことを気にしていたのです。

 

 

でももういいの。
人がどうかなんて関係ない。
わたしは自分王国の姫と言う設定になったので、可能な限り何もしないのは当然なんです。
特に「ダーリンに尽くす」ということを一切やめた!

徹底的に「自分が一番」を貫ぬく日々。
(歩いている最中にもブツクサ言ってました「じぶんがいちばん、じぶんがいちばん」って、ただのアヤシイ人だが)

さあ、そしてどうなったでしょうか。

dance-club-254494_640

まずはダーリンからも他の男性からも、はたまた女性からもより大事にされるようになりました。

わたしが「自分が一番」でオッケーなのですから、あなたも「自分が一番」でオッケーってことですもん、当たり前なんだわ。

そもそもわたしのオッケーと彼のオッケーは違う。違って当然。
男女の差でもあり、女同士ですら個体差があって、互いの想いを尊重するということ。

 

さあ、仕事はどうか?

仕事もよりスムーズになりました。
最初は不思議だったけれど、これも当たり前だった。

「お客さんはお客さんの王国の主。
 自ら具現化する歓びがあって、それをサポートすればいい」
のですから。

わたしの出る幕はなるべく少ない方がいいのよ。

 

最後に大事な点をひとつ。
まりあちゃん&コバ先生の二人がわたしにもたらしてくれたものは
宇宙への信頼だったんです。

「自分が」頑張る必要ない。
「自分が」せねばならぬことなどない。

太陽や地球や、自然界を動かし守っているであろう目に見えないパワーが
わたしの王国も守ってくれている。

その王国の中でわたしは閃いた好きなことだけ、しておけばいい。

他の人の王国も、もちろん守られているわけ。
みんな自分の国でウフフアハハでいいわけ♪

201309030808115f5

面白いでしょ♪

ということで、明日から2日間、コバ先生の心屋塾上級ワークショップに参加してきます。
どうなるんだろーー!!

そしてこの記事を読んだダーリンからのわかりやすーい解説コメントがあるので、男性諸君は次回記事をお待ちください☆☆


2016-04-08 | Posted in BLOG, 行ってきたNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



facebookでグループやっています↓ adult-1822488_640 姫様マーケティング倶楽部 https://www.facebook.com/groups/himeM/ るぴなさんの会に申し込むと、1回目が直後にBIGが当たって参加費&交通費back、昨日2回目を申し込んだら、今日突然上司がお手当をくれて、また参加費back!すごいるぴなさんミラクルですよ~参加する方向で世界が動いてます。 あらぁーこんなに頂いちゃっていいのかしら~(*´ω`) ↑こんな楽しいお声が続々と。 マーケティングとかニガテだけれど 好きなことをして暮らしたい♪ 恋も仕事もお金も・・というよくばりな女性へ。