BLOG

ダーリンは「視えるんです♪」その2

やっと続きです♪

 

前回↓
ダーリンは「視えるんです♪」
http://lulu-lupina.com/2016/07/spiritual-vision/

 

はしのんさんのブログ写真を見たダーリンは

「あっこの子だー」と。

はしのんさんに似てないようで違うと思っていたけれど、お父さん似なのかなあ。

そう語りつつも、でも違っていたら悪いからと真剣な顔のダーリン。

わたしもなんとも言えないです。

 

hot-chocolate-1402045_640

 

でもその後に起きたさらに不思議な出来事は
贈り物のように思えて仕方ないのです。

 

 

お話会が終わって

お腹すいたーと向かった先は
おいしいハンバーガー屋さん♪

ダーリンがググって決めたお初の店です。

 

ぶらぶら歩いた結果いつの間にか
ダーリンの生まれた家の近辺へ。

 

家族を次々と見送った彼なので
昔話はめったにしません。

「せっかくだから行ってみようよ」
と提案して生まれた家の場所探しが始まりました。

 

都心のど真ん中ですから
ビルが建ったりで様相は変わっていました。

でもなんとか辿り着いて感慨深かった。

愛する人のゆかりある場所にご挨拶が出来た。

 

これはわたしの勝手な想いなのですが
もうこの世にいなくともダーリンのご両親との絆を感じていたい。
そしてなんとか今に繋いでいけたらいいなあって、思ってました。

heart-1450299_640

 

そうしたらね!!!

なななんと!!
お話会の4日後!

 

ダーリンの従弟という女性から連絡がありました。
Facebookを通じて、わたしに。

 

「るぴなさんのダーリンは○○でしょうか?
小さい時から弟のように思っていた○○ちゃんのことがずっと気になっておりました」

と。

 

感激でした。

 

辛いこと、いっぱいいっぱいあったろうけれど。
こんな風に愛されてもいたんだね、ダーリン。

 

 

ご縁はこうして再びつながり
明日は何十年ぶりの従弟会だそうです。

 

heart-1392747_640

 

お話会から始まったとしか思えないミラクル。

はしのんさん
きよみさん
貴子さん

 

ありがとうございます。

 

 

そしてこの流れは実は京都までわざわざ行ったおかげなのね。

まりあちゃん、ありがとうございます。

 image

 

うん、もう起きることが起きるし♪

自分が想像もしていなかったことが起きる♪

だからミラクル♪♪

 

 

「大切な人を亡くした方へのお話し会」に行ってのシリーズ

その1 
良いセミナーとは?「よかったーキラキラ」じゃないよ
http://lulu-lupina.com/2016/07/transformation/

その2
サバイバーですが、なにか?またひとつ楽になったのは、お話会のおかげです。
http://lulu-lupina.com/2016/07/survive/

その3
引き続き、アダルトチルドレンですが、なにか?
http://lulu-lupina.com/2016/07/ac/

その4
ダーリンは「視えるんです♪」
http://lulu-lupina.com/2016/07/spiritual-vision/
 

2016-07-11 | Posted in BLOG, 行ってきたNo Comments » 

 

投票に行った。選挙に不安を投影していた。

投票に行ってきました!

あらためて選挙について、個人的な想いを書きます。

 

いろんな人がいろんな情報を発信していて
面白く興味深く読んでいました。

でもそれに振り回されている自分もいました。

 

heart-1492445_640

 

胸に手を当ててじーっと感じてみたらね。

不満や焦りやストレスやら
そうしたものを選挙に政治に投影してたって
気がついちゃった!

 

自分を変えるより世の中の方を変えたくなっていたんだよね。

 

ふう。

 

 

でもね、こうも思うの。

 

ストレスや抑圧感って
変化を推進するための一番の原動力になる。

 

なにもかも解放できて
始終気持ちいい状態にいたら
何も変化していかない。

 

出口が見つからないような閉塞感こそが
変わってゆくためにいま必要なのかも。

 

だからストレスがあるから変えようではなく
変わるタイミングだからストレスがかかっているのでは?と。

 

時間軸を逆にとらえるかのようだけれど。

大きな流れに乗るってこういうこと?
と思い始めているこの頃。

maldives-1268660_640

 

たとえばね
満月にサンゴが一斉に産卵するように。

 

サンゴたちは産もうとせずとも
卵も産まれて来ようとがんばらなくても
ときが満ちるようにしてそのタイミングが来る。

 

産卵直前サンゴのカラダに入ってみたら
わけもわからずぎゅうぎゅう押されているように感じると思うんだ。

 

underwater-1268659_640

 

個人も社会も切り替わり、入れ替わりのタイミング。
地球規模、超意識で
「いまは変化しようぜー」
って決めているのかもしれないね。

 

 

 

 

 

 

 

2016-07-10 | Posted in BLOG, Live 生きるって?No Comments » 

 

「なんとなく・・」で選んではいけない?選挙の前なので書いておきたいことがある。

「わかっている」

ということを

「上手に主張できる能力」

と混同してやしないか?

 

遠慮はいらないよ。

あなたの「なんとなく」を大事にしたらいい

 

その「なんとなく」がうまいこと説明できなくても

「なんとなく」を理解してもらえなくても

あなたが自信を失う必要はないんだよ。

 

Holding Daisies

 

わたしはかつて経営者のゴーストライターをしていたこともあり

主張をまとめるのは得意です。

 

インタビューで語っていないことも

「こう言いたいのだろう」

と予測してカッコよくまとめていたので

とても喜ばれていました。

 

 

いまも同様、クライアントさんと話していると

「わかっているのに説明が下手」

そんな人がたくさんいます。

 

なのでその「なんとなく」をカタチにするお手伝いを

するわけです。

 

一緒にまとめていくと

「世のため人のためにすごいことを考えていたんだね」

っていつもなるんです。

 

「なんとなく」がテキトーだった。

なんてことはまずないんです。

 

Flowers Surrounding White Candle

 

そもそも賢さとは知識の量ではないよね。

智恵なんだ。

 

それに論理的に選んでいる人だって実は

感情に支配されているのだからさ。

 

00438602

 

もうひとつ

理想を語ると脳内お花畑と批判される件ね。

 

わたしはね、いまの政治経済システムは変わったらいいと思っている。

経済成長のための戦争とか、もう無理。

 

飢えもいらない。

子供が死んでいくなど

個人的にもう見たくない。

 

 

人間である以上、揉め事はなくならないと思う。

でもお金のために、人が死ななくてもいい。

 

 

同じように感じている政治家も世界中に多いと思う。

 

だからこそ今の延長線上では解決しないと思っている。

 

まったく新しい未来がやってくるよう

どんどん理想を語っても良いではないか。

100年先を見据えてもいいではないか。

 

 

でね、未来のビジョンを描くの得意な人と

そこまでの道筋を具体的に落とし込める人が

協力していったらいいじゃない。

そこで揉めてないでさ。

 

 

うちなんか

わたしはお花畑でダーリンは現実派だよ。

 

ときどき大ゲンカになったり、役割が入れ替わったりするけどね。

でも二人でなんとかギリギリで(笑)やっていってる。

 

CB005134

 

内なる直感を信じて行動しよう。

 

 

2016-07-09 | Posted in Live 生きるって?No Comments » 

 

ダーリンは「視えるんです♪」

さあ、今日もお話会の感想を書いちゃうよ。

お話会の最中から不思議なことがありました。

 

ダーリンがね
「ハッ」と横を向くんですよ。
たびたび。

 

休み時間に聞いたのね。
どうしたの?って

 

「脇腹をなんども突っつかれた。
 最初るぴなかと思ったけれど違った」

と怪訝な顔を。

 

ま、毎度のことなんでその場では
「ふーん」って流しましたけどね。

 

 

お話会の最後の瞑想タイムで、その理由がわかりました。
「大切な人、もう一度会いたい人を思い浮かべてください」
という誘導瞑想だったのですが

 

ダーリンは知らない男の子が出てきたそう。
グリーン地に肩のところが黄色か白のTシャツを着ていて
「ニッカー」と満面の笑みで
脇をつんつんってされたそう!

 

 

「誰だろうね?はしのんさんの息子さんだったりしてね」

なんて語り合いながら会場を後にしたのですが。

 

 

今度はわたしが歩きながら

「お?」って振り返った。

 

髪の毛をね、パンってはたかれたみたいなの。

 

「歩行者か街路樹の枝にぶつかったんだな」
と、とっさに考えって振り返るとなーんにもない。

 

がらーん。
あれれ?

 

さっきの男の子かい?
いたずらっ子やのう。

 

これまた不思議ちゃんのワタクシも
気にせずに歩き続けました。

 

そしてそのあとお茶をしながら
ダーリンの「視えるんです問題(?)」
について語り合いました。

 

image

↑レシートが777だった!ていうだけんですけどね

 

彼は昔っからそんな体験をしている。
しかも漫画から本、映画に至るまで霊の世界の内容が大好き。

 

だのに

「いまでも半分信じたくて、半分信じられない」

って悩んでいる。

 

まあ、悩んどきなさい。

 

わたくしキンキンに冷たいアイスコーヒーが脳に達したようで
急にいいこと言い出しました。

 

「ねーねー目に見えないものってさー
怖く見える存在も、楽しい存在も実は一緒なんじゃない?

見る人のフィルターで

ある人は天使だ、妖精だって感じるし
ある人はお化けだーーって

そう感じてるんじゃない?」

と。

 

実はわたし、さっきのお話会の誘導瞑想で
我が家にやってきたまぶしい光の存在を感じていました。

 

あれは2008年の夏でした。
(その前後は不思議なこと続きでした。どんな体験だったはそのうちブログに書きますねー)

 

あの時はただただ
「怖い怖いヤバイヤバイ」
この一心でした。

 

熱いまぶしい光で
「これは幽霊などではない」
とすぐに感じていたのにやっぱりコワくって。

 

「こ~な~い~で~」
となってたのね。

 

だから
ビックリするような出来事や説明のつかないもの=怖ろしいもの
と自動変換して、頭の中でおっかないイメージを付け加えちゃう人も多いのでは?

 

って思いましたよ。

 

 

わたしは自分が体験した不思議なできごとについては

「神さまのいたずら」

それぐらいに考えています。

事実がどうかや信じる信じないには興味がありません。

 

だっていたずらだもの。

そしてあったかいサプライズギフトだと思うんですよ。

 

さてさて、お話会後に起きたミラクルはまだまだ続きます。

はしのんさんのブログを見て「あっ!」と叫んだダーリン。
明日をお楽しみに☆

 

image

↑「視えるんです」なダーリン♪マッチョなのに視えるんだな?(カンケイないか・・)

 

 

「大切な人を亡くした方へのお話し会」に行ってのシリーズ

その1 
良いセミナーとは?「よかったーキラキラ」じゃないよ
http://lulu-lupina.com/2016/07/transformation/

その2
サバイバーですが、なにか?またひとつ楽になったのは、お話会のおかげです。
http://lulu-lupina.com/2016/07/survive/

その3
引き続き、アダルトチルドレンですが、なにか?
http://lulu-lupina.com/2016/07/ac/

2016-07-08 | Posted in BLOG, Live 生きるって?No Comments » 

 

引き続き、アダルトチルドレンですが、なにか?

さあ、今日も
ダークな投稿書いちゃうよ。

 

↓昨日の続きで、 わたしはアダルトでチルドレンだよ♪ってお話。

サバイバーですが、なにか?またひとつ楽になったのは、お話会のおかげです。
http://lulu-lupina.com/2016/07/survive/

 

七夕?かんけーねーっす。
今宵ダーリンとデートはするけどにゃ☆☆

 

drop-of-water-361149_1280

 

ぢんさんはこう言っていて↓

僕たちの記憶は700%ウソですし
http://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-11317420953.html

 

まりあちゃんの初級でも
コバ先生の上級でも
記憶は700%ウソだって教わって。

とても納得。
さもありなん。

 

 

でもいまのわたしはこだわりたいのだ。
過去の記憶に。
わたしの記憶している記憶に。

 

なぜってね・・・

「へいきへいき~♪だいじょうぶ~♪」

OK問題ないっていうところに逃げるのが得意なのよ。

 

ほんとは寂しかったり苦しかったり
助けてほしかったりすることを
隠すのよ。

dew-1145714_640

 

もっというと・・・

 

「いろんなことあったけれど

素敵な学びを得て

いまではハッピーです(ニッコリ)」

 

みたいな!

 

これ得意中の得意だし。

 

 

さらに常日頃から

 

「毎日は学びで糧です(ニッコリ)」

 

なんだかかなり嘘くさいって自分で気づいちゃったもんねー。

 

まあ、学びで糧になってるのは事実。
おかげで今があるのは間違いないんだけどさ。

 

peony-785300_640

 

一方でこう思っている自分がいることも
「大好きなわが子を亡くした3人のおはなし会」
で気づいたのね。

 

  • 過去に何があっても、今は立ち直っていないといけない。
  • なぜなら、メンタルを病んでいる(ように見える)のは恥ずかしい。

 

いやいやいや。
どうよ?

 

病んでちゃいけないのかい?
そんなことないよね。

 

サバイバーだ、アダルトチルドレンだって
レッテル貼るのは意味がないことも多々あるし
悩みを助長してしまうこともあるでしょうけれど。

 

でもいまはあえて
貼るのだ。
ベタッとレッテルを。

 

 

そしてそんな自分を
優しくそうっと包んであげたいのだ。

 

「病んでいても、悩んでいてもいいよ」

 

そんな気持が芽生えたのは
お話会のおかげなんだな。

 

 

飲むと調子に乗りますが、なにか?

image

 

2016-07-07 | Posted in BLOG, Live 生きるって?No Comments » 

 

サバイバーですが、なにか?またひとつ楽になったのは、お話会のおかげです。

「大切な人を亡くした方へのお話し会」
はしのん・きよみ・貴子のトークショー
http://ameblo.jp/norhashiguchi/entry-12156662725.html

 

感想やっと書けます。

 

そもそもは
「早くに亡くなったダーリンのご両親や兄弟とお話ししてみたかったし、もっとダーリンを身近に感じたかったから」

だったのですが。

 

お話会の空間にいて
自分自身が安らいでいることに気がついたよ。

 

こんなこと書くのは気が引けるのだけれど

誰よりも命を惜しんでいる
命の価値を見出している
そういう人たちのそばに行ったら安心したんです。

 

自分がそう感じていたって
数日たって、ようやっとわかったことなんですけどね。

ladybug-574971_640

 

わたしね、長いこと生まれてきた意味を見いだせなかったんです。

 

なぜ生きないといけないのだろう。
なぜこんなにも生きるって苦しいのだろう。

ずっとそう思ってきた。

 

けれど死ぬ勇気もなく
無気力なウツの期間が長かった。

 

いまだってその状態に毛が生えた程度ですけどね。

 

なんとかやっていけている、ミラクル♪

 

water-955929_640

 

そもそもわたしはバリバリの機能不全な家庭で育ちました。

 

わたしが2歳の頃、父は別の女性のところへ出てゆき

母は無理心中を図ったり、お酒に走ったり。

 

母の精神不安定はわたしと妹が成人するまで続いたけれど

ほとんどが記憶から消去されているの。

耐えられなかったんでしょうね。

 

おかげでセラピーや心理学、スピリチュアルに至るまで

幅広い学びと経験をすることになりました。

 

でも基本サバイバーであるという立ち位置は変わらないようで

何かというとすぐに自分の存在意義がゆらぐのです。

 

そのサバイバーという立ち位置も
今回のお話会をきっかけに受け入れることになった。

 

「もういいよ、普通を目指さなくって」
ってね。

 

ふう。
またひとつラクになったよ。

 

おっきなおっきな重荷を降ろしたよ。

 

sunflower-547318_640

 

「命は大切」
と強く感じている人のそばにいて

 

「わたしも生きていていいんだ」
という実感をもつ。

 

だからお話会で涙を流しているみなさんと同じ空間にいて
わたしは安心したんです。

優しさと思いやりを実感したんです。

 

ありがとうございました。

 

 

サバイバーとは

見かけは同じでも、アルコール依存症者の子供たちが成人した意味は、そうでない子供たちが成人したこととは随分違います。
彼らは幼い時から戸籍謄本によって兵役に召集されたようなものです。
無事に「成人」に辿り着けたことは、アルコール依存症者の子供たちにとって生き残りに成功したことを意味する。
しかも、そのほとんどは基本的に一人で生き延びていて、そのプロセスで、精神的に肉体的にも傷つけられ、見捨てられた孤立の記憶とともに不安と恐怖と痛みを体験しています。

こちらより抜粋させていただきました↓
アルコール依存症者の子供たちが「サバイバー」と呼ばれる理由
http://d.hatena.ne.jp/aip2010/20100330/1269875305

 

 

サバイバーですが、なにか? お話会終わっての変顔(*⌒∇⌒*)

image

2016-07-06 | Posted in BLOG, Live 生きるって?No Comments » 

 

Eternal Peace

 

「せんそうってなあに?」

 

「その言葉、ふるいふるい絵本で見たことあるけど、なんだったけなあ?」

 

と子供たちも、大人たちも言うような

 

そんな世の中にしたい

 

しよう

 

10464160_246282342232581_5387073157716256896_n

 

 

2016-07-05 | Posted in BLOG, Live 生きるって?No Comments » 

 

魂の暗い夜。君のための道は続く。

 
くらやみを歩く

 

 

だれも保証してくれない

 

 

だれもいいと言ってくれない

 

 

でもそこにしか自分の道はない

 

 

だって誰かの歩いた道なら

 

 

それは誰かのための道なんだよ

 

 

BgV419pCEAAl0Qu

 

2016-07-04 | Posted in BLOG, Live 生きるって?No Comments » 

 

良いセミナーとは?「よかったーキラキラ」じゃないよ。

ワークショップやセミナーに出た後

 

「よかったー♪キラキラ♪」

 

みたいな気分であれば効いたとはいえないよね。

 

なぜって自分にとって良いものであればあるほど、変化してしまうから。

 

 

昨日のお話会はまさにそう。

 

「はしのん・きよみ・貴子のトークショー」
あちらがわの人と繋がりながら人生を楽しむ方法
http://ameblo.jp/norhashiguchi/entry-12156662725.html

 

 

どこからでも人は立ち直れるのだ

という力強い希望と奇跡を肌で感じた時間でした。

 

気持ちがあふれてしまって
詳しい感想をまだ書けないの。
(後日書きますね)

 

光がまぶしかった会場↓

image

なので、今日は起きた事件のことを。

 

昨日は終わってダーリンと新宿まで歩きました。

いろいろと語り合った後に・・・

わたしは彼のイライラした態度が気になり・・・

そのまま大喧嘩へと。

 

 

結果、互いの本音を出してゆく大事な出来事になったのですが。

これから二人の関係は変化していくであろうと思います。

 

 

 

だいたい変化って予想もつかない方向へと変わってゆくから

「変化」なのであって

それはとても怖いこと。

 

セミナー等で深いところが揺さぶられたら

気づかぬうちにココロは変容している。

そして外側も変わっていかざるを得ない。

 

たとえそこが居心地がもう悪くなっていたとしても

古巣を追い出されるのは怖いのよ。

 

だから、えーっと思うようなことが起きたら

それは失敗なのではなく

新しい自分を発見するタイミング。

 

それが良いセミナー・ワークショップの恐ろしさでございます♪

 

お話会でぽろぽろ泣いて、すっきり↓

image

 

 

 

2016-07-03 | Posted in BLOG, Live 生きるって?No Comments » 

 

30日間ブログチャレンジ。ワンコみたいにやってみる。

7月はクーちゃんの追悼月にしようと思います。

15年ちかく生きたクー。
亡くなった後も、わたしと父との関係に気づきを与えてくれた。

 

最後はこんな風に階段を登るのも大変そうだった。

父とクー↓

image

 

でもいつもいつまでも、黒い瞳はキラキラしてた。

 

ゴールデンレトリバーってどの子も、笑ってるみたいなお顔してるよね。

 

だからね、悲しむのではなく、わたしも楽しいことして追悼させてもらいたい。

 

なので30日間、ブログチャレンジ!

毎日ブログを更新します!

 

あーあ、言っちゃった\(^o^)/

 

立花先生の6ヶ月間のブログブランディングスクールも、今月が最終月ということもある。

そして、わたし、実は。。。

 

書くことがだーーいスキなんです。

 

三度の飯より、キンキンの生ビールより^ ^

 

好き好き大好きだからこそ、手が止まる。
慎重になってしまう。

 

人を上手にクールに愛することなんて、できないように。

好きならスキスキってシッポをふってしまえ。

そう思ったの。

 

Cooってネイルに入れてもらいました↓

クーたん、見ててね。

わたしもワンコみたいに、楽しいことに無我夢中で走るから。

 

2016-07-02 | Posted in BLOG, Live 生きるって?No Comments »