BLOG

About Lupina その①「毎日がパーリーナイト♪」

プロフィールを新しくします。
今日からちょっとずつ書いていくのでお付き合いくださいね♪

 

月野るぴな
moon-1109746_640
ある満月の夜に生まれました。
横浜で育ちました。

「この自分って言ってる自分ってなあに?奥には何があるんだろう?」
ってな感じで、幼稚園の頃から観察者の視点に気づいていた不思議な子でした。

 
しかし思春期になり
「男の子にモテないといかん!!」
00
ということをハタと思い、そこからは無理やり自己改造(モテる子みたいに)を図り、だんだんとココロが病んでいきます。

父はわたしが2歳の時に出てゆき、精神不安定な母と妹と3人で暮らしていた…
という家庭環境もあり、白馬の王子様と出会って不幸から抜け出すことばかりを考えていたんですね。

なので初めて付き合った高校の同級生と必死に結婚。
しかしそんな状態でしたから、上手くゆくはずもなく5年で離婚。

 

「次は仕事が幸せにしてくれるはずだ!!」
ワーカホリック状態で働き続けます。

世界レベルの著名人とマスメディアが入り乱れる「毎日がパーリーナイト♪」のようなお仕事。
1479-eye
「派手で華やかで重要な仕事をしている」という思い込みプライドだけでなんとかやっていましたけど、ムリですよね。
心も体もボロボロで、逃げるように会社を辞めたのが11年前のことでした。

続く・・・

2016-04-08 | Posted in BLOG, LupinaスタイルNo Comments » 

 

日本中が桜色に染まる時に生まれた

ホンモノの飴ちゃんを使ったアクセサリーがあるの、ご存知?

見て見てー↓飴玉ピアスですー♪

image

他にもそれはそれは可愛らしいものが溢れ返っているお店は京都の「nanaco plus+」です。

ame_img04

手作り飴が持つ”美しさ””繊細さ”に心が躍った時代を現代にふたたび蘇らせたい、そんな想いから2005年に飴を樹脂でコーティングしたパーツを発案、以来、日本各地のカラフルで楽しい手づくり飴を主役としたアクセサリーを作っています。

nanako02-616x462

とのこと。
本店は京都ですが、期間限定ショップが渋谷ヒカリエに4月末まで出ています。
20140328-001946-640x480

 

わたしは大事な友だちのバースデープレゼントをここでオーダーしました。
金平糖や桜柄の飴を中心にピンク色にデザイン。

彼女に伝えたかったの。
「日本中が桜色に染まる時に生まれたんだよ」って。

一緒に彼女の彼の分も作って、ペアキーホルダーにしてプレゼントしました♪

japanese-cherry-trees-324175_640

そして、うちのダーリンも入れて4人でバースデーお祝い。
彼ら、男同士も実は仲良くって、盛り上がりました。
そして飲みすぎました。(ま、それはいつものことだな♪)

彼の隣で桜色に染まった彼女は・・エロスたっぷりめビューティ♪
わたし彼女と同い年なのですが、会うたびに色艶が増してるようで、惚れ惚れ。
オンナは艶だと思うこの頃です。
見習おうっと♪

 

っていうか、あーん、あーんごっこ???( o^_^o)

image2-e1459961003808-420x451image1-630x673

 

2016-04-07 | Posted in BLOG, LupinaスタイルNo Comments » 

 

春の嵐

cherry-blossom-987192_1280

春は天気が荒れると知ったのは
会社を辞めてからだ。

冬が寒いことは知っていた。
夏が暑いことは知っていた。
でも、それ以外は?

空調のきいたオフィスのまんなかに
いたせいかしら?

いいえ、あちこち外出することも多かった。
移動はタクシーで地下鉄で
時間に追われて。

そう、周りを見渡す余裕など
なかったんだ。

目には入っていた。
でも見てはいなかった。

著名人やらプレス相手の派手なお仕事に
雨、風はじゃまものだったから。

 

もちろんあの頃だってお花見はした。
桜は大好き。
音もなく散ってゆくと夜桜が好きだった。

でもたいていは
お花見パーティだのミーティングだのに
桜の夜は消えていた。

cherry-blossom-399851_1280

そしていま
雲の行方を飽かず眺める時間をもらい
あの頃持っていたモノはもう持っていない。

でも知っている。
春の気ままな、激しい嵐を。

どちらが豊かなのか比べることも出来ないけれど。

いまのわたしは飛び出せる。
嵐に傘もなく。
笑いながら。

滴り落ちる雨を
肌で感じて。

2016-04-04 | Posted in Live 生きるって?No Comments » 

 

お荷物を抱えて生きてゆく

summer-still-life-785231_1280

ミニマリストが流行っているね。

家すら持たない人も出てきて、そのヒリヒリするくらいソリッドな生き方には憧れちゃうんだけど、年をとるといろいろ面倒なお荷物が増えてゆくのも事実。

モノだけでなく仕事上にも抜けられない責任のようなものが生じるし、面倒見るや家族が出来たりする。

さらにはぜい肉までも増量(笑)

でもね、こんな風にゴタゴタとしがらみつつ、愛すべきやっかいなお荷物を抱えて生きてゆくのも悪くないもんだと思うこの頃なのです。

そう思えたのはまずこの方たち↓

IMG_0135
この子たちと暮らしていなかったらわたし放浪生活になっていたと思う。
ポンッと投げ出して気ままに何処かへゆくのが好きだったから。

 

それとね、うちのダーリンはしがらみを捨てない、投げ出さない人。
どっぷり責任を抱えて生きてる感じ。

ときどき心配もするけれど、その不器用さを愛おしく思うようになってわたしの価値観も変わったの。

だってお荷物になってもいいって、とっても安心なんだよね。
お互い迷惑かけ合えるっていいよね。

なんたって最初のプロポーズ(だったらしい・・・)は、バイク命の彼がわたしを乗っけた時の一言
「一生背負っていくよ」
だったのだ。

あ、またノロケになっちゃった♪
にゃはは・・・失礼しました☆

2016-04-04 | Posted in BLOG, Live 生きるって?No Comments » 

 

魔法みたいに生きる

先日肩書を「スピリチュアル・リーダーかライフスタイル発信者」に変えるという話を書いたのですが。

リーダーの方はいいとして、なぜライフスタイル発信者にしようと思ったかというと
「魔法みたいな不思議な生き方」
を発信できると思ったからです。

お洒落だから、新しい情報を知っているからといった理由でなくね。

ウツでまともな生活を送れなかったわたしは、スピリチュアルから自己啓発、心理学等々いろいろ学ばざるを得なかった。

しかし結果として「やらねばエンジンゼロ」でも夢を実現する方法をどんどん編み出していくことになったのね。

だからわたしとおんなじように「めげやすい・折れやすい人たちが望みを叶えるコツ」を散りばめて発信ゆきたいと考えております。

image

人生は思った以上にあまーくできるのさ♪
(どこか懐かしいバナナスプリットは一人で完食いたしましたとさ)

ビアカフェなんですけどスイーツもいけるのはサザビーグループの「iBeer LE SUN PALM」です。

2016-04-02 | Posted in BLOG, 自分ラブNo Comments » 

 

中に求めているつもりで実は外に求めていたよ

stained-glass-1181864_1280

わたし、今日衝撃の発見があったのです!!
それは「選択」について。

さきほどプロフの見直しをしていて
「プロデューサーという肩書を降ろし、スピリチュアル・リーダーとかライフスタイル発信者などのほうがいまやっていることに合っているかも」

と思ったのですがいつものように

「サインを見せてください」
ってお願いしたんです、宇宙に。

シンクロメッセージでいろいろ面白い答えが来るのでいつもやってるのですけどね。

 

でもね、その次の瞬間、愕然と。

「あ、わたしいま正しい答えを求めてる」
って気がついたの。

「わたしいまこうしたいと思ったのですが、これでいいですかー証明をくださーい保障をくださーい宇宙さーん」
という考えだったんです。

 

「人生の答えはいつも私の中にある」というのは恩師アラン・コーエンの教えなのですが、中に求めているつもりで実は外に求めていますよね、これって。

 

なので徹底的に心の声、ホンネと向き合いました。

わたしは肩書きを
・変えたい
・変えたくない
という自分軸で(変えたほうがいいかどうかではなく)で自分の思いを書き出してみました。

書いて見て面白いことがわかりました。

変えたいのほうは
「なんとなく」とか「いい感じだから」とか「よさげ」「かっこいいじゃん」「すっきりする」「先が見えそう」等々よくわからん子供みたいな理由なのです。

かたや変えたくないのほうは
「めんどう」「だってどうするの?」「せっかくやってるのにまた変えるの?」「肩書より内容でしょ、さっさとやりなよ」「わかりやすくないよ」「なにそれ、そんなの無理だよ」「リーダーとか自分で言う?はあ?」等々怖いんです・・・・・

なので変えるほう選択しました。
わたしの心の奥のピュアな部分がそうしたいと思っていると気づいたからです。

 

と同時にこの選択が失敗になろうが、受け入れる人がいなかろうが、バカにされようが「心からの願いを選択してみた」という体験にはかなわないと感じました。

(しかしとっーーてもざわざわしてますけどね)

心屋仁之助さんが言っている「損してもいい」ってこんなことからなんだって、しみじみ感じました。

あなたも選択に迷うことがあったら、やってみて♪

「これでいいか」ではなく「わたしはしたいかどうか」という自分軸で♪

image

ということで、新たな肩書きお祝いにヒユーガルデンロゼです♪変更はこれから作業ですけどねーなにかにつけて、いつも先にお祝いなのだ・・・(*⌒∇⌒*)

2016-03-29 | Posted in BLOG, 自分ラブNo Comments » 

 

4年前のラブレター

6a0120a58a6c91970b0167645566bb970b

フェイスブックは粋なことをしますね。
4年前のラブレターが届いたよ♪

「過去のこの日」ってとこをクリックすると、過去の記事が表示されるのね。
今日はたまたま目に入ったので見てみると・・・

 

2012-03-28
「  ありがとう。
  ほんとにありがとう。
  訳はなく、ただただ、あなたがあなたでいてくれて、ありがとう。 」

ダーリンから史上最高にステキなラブレターが届いたていたよ。

わたしはよくiPhoneをおいて出かけるから、着信したときにはきっとお買い物帰りスーパーの袋を抱え、サーティワンアイスを食べようかどうしようか迷いながら、夜空の月を見上げていた最中。

「愛してる」もない
「好き」もない
でもこれ、最高の
ほんとに最高の恋文。
ダーリンありがとう。

ほわわーんって一気に春気分になっちゃったよ。
このメールのことすっかり忘れていたから、フェイスブック殿に感謝です☆

愛は分かち合うと増えるらしいから
読んだあなたにもプレゼント☆

ありがとう。
ほんとにありがとう。

訳はなく、ただただ、あなたがあなたでいてくれて、ありがとう。

ではでは♪オヤスミナサイ
春の素敵な夜を♪

 

ちぐはぐミスマッチLOVE

コストパフォーマンスや実用性でモノを選ばなくなって久しいるぴなですが、ショップの店員さんから「なにそれー!?」と言われるお気に入りアイテムをご紹介。

IMG_5498

おリボンニコ^^モカシンです♪
右がキラキラビジューで描かれたニコニコマーク+おりぼん♪
左はメッセージ+デコという不思議なシューズ。

このいっちゃってるっぷりに一目ぼれして買いました。
どうせならと、一番変わった色ブルーを選んだのでした。
キラキラ楽しいので歩く足取りも軽くなってます♪

このシューズはキラキラデコ好きなさんには熱狂的なファンがいる大阪のCrea(クレア)という雑貨ブランドのもの。
そもそもはネイルサロンで、ネイリストさんの高い技術で1点1点丁寧に手作りでデコレーションされているとのこと。
けっこうあちこちに履いて出てますけどデコが取れない上に、お値段もとってもリーズナブル。

実はバッグもいっしょに大人買いしたのですが、その紹介はまた今度♪

 

 

もうひとつ、お気づきの方もいるかしら?
ソックスも左右デザインが違うの!

実はこれ、柄違いの3本1セットで売っているリトルミスマッチというブランドの靴下なんです。
about_cocept01
2003年サンフランシスコで生まれ全米に広まったリトルミスマッチ
ジョナ、ジェイソン、アリエールの3人が集まって話をしている時、
「靴下は何で左右一緒なの?」という疑問が生まれました。
そこから、左右デザインの異なる靴下 というアイデアが生まれ、更に「その日の気分で好きな組み合わせを楽しめるように。」と、3本を1セットにして販売することになりました。

とのストーリがあるそう。

普通ならソックスをちぐはぐに履くのはマナー違反とか、みっともないとか言われちゃいそうだけれど、そこを逆手にとって立派なビジネスチャンスにしちゃった。
いいよねえ、こういう発想。

自分のビジネスにも応用してみたいですね。
あえて「ちぐはぐ」に「ミスマッチ」に出来ないかってね。

PS リトルミスマッチはBlack eyed peasのファーギーや道端アンジェリカちゃんも愛用しているらしいと、ウェブサイトで知ってなんだか嬉しいミーハーるぴなでした(*^.^*)♪

2016-03-28 | Posted in BLOG, LupinaスタイルNo Comments » 

 

お金のために働く!

仕事も「好き」を優先でやっているワタクシでございますが、

それって「お金のために働かないスタイル」
と言われるのだけれど

わたしは

「お金のために働く」って素敵と思っているの。

 

たとえば・・・

☆家族のため、妻や子供を食わしていくために。
(夫のためでも、もちろん)

☆もしくは、新車欲しいから、洋服欲しいから、海外旅行したいから・・・などでも。

☆はたまた、親の借金抱えちゃったなんて話も案外聞くし。

always

個人的には「家族のため」って頑張ってた昭和のオッチャン的感覚も、好きなのよね。
自己犠牲を超えた、不器用な愛の表現みたいで。
(写真はオッチャンっていうには美し過ぎるご夫婦、映画「ALWAYS三丁目の夕日」より)

それに稼ぎたくなるくらい物欲があるっていうのも心が元気な証拠だ。
わたしウツだったとき、欲しいものを浮かべることすらムリなくらいに疲弊していたもの。

 

もうひとつ、わたしのヒミツを明かしちゃうと
「ま、いっかあ、お金たくさんもらえるし」
って仕事内容よりもお金が最優先になることもある。

その時は一番の「好き」がお金になってるんだ。
だってお金もらえて嬉しいし♪

 

なにが言いたかったかというと
「お金のために働くなんて・・・」
って卑屈になる必要なんてまったくないってこと。

仕事の内容にこだわりたかったらすればいいし、ムリにこだわらなくってもいいじゃない。

「お金大好き♪」な昭和バブリーな人で、良いではないですか♪
堂々と稼ぎましょ♪

c0045529_23313022

2016-03-26 | Posted in BLOG, 自分ラブNo Comments » 

 

子供ができない私と木蓮のお花

blossom-1187330_1280

子供ができない私①
http://ameblo.jp/rietakano217/entry-12140928658.html

最終話まで読んで、木蓮のところで号泣してしまいました。
いいお話なの!

わたしは子供をもう産めないのですが、ダーリンと出会った4年前にはほぼ吹っ切れていて悩んでいませんでいた。
ただ気になっていたのはダーリンのこと。
彼は自分の子供を持つという貴重な経験をしなくていいのかと。

だからわたし「別れよう」と言い出したこともあったのね。
しかし彼は「どんなるぴなでも好きで一緒にいたい」と。
で、今にいたってもラブラブ♪

でも、もういちど彼に「ごめんね。ありがとう」と伝えたくなりました。
彼の大きな愛を想い出したのは、このブログの筆者、ナチュラルメイク教室美塾の高野 梨絵さんのおかげです。

この季節、街角に咲いてる木蓮のお花。
彼に名前を教えてあげたことも思い出したよ。
わたしも毎年、彼の愛を感じつつこのお花を見上げることになりそうだ。

 

でね、でね、感動号泣直後に、ワタクシ大爆笑!

なぜなら出てきた物体x

着ているジーンズの膝裏あたりがどうもモゴモゴするなあと、手を突っ込んでみたら・・

ずるずると引っ張り出されたものは黒タイツ!
なぜ!?どうして?!着る時気がつかないアホなアタクシはひとり大笑いでございました。

はい、お見苦しい写真で失礼しました!( o^_^o)